1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■ 将棋セット 新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット 木製将棋駒黄楊上彫駒 人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■ 将棋セット 新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット(木製将棋駒黄楊上彫駒) 人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■,将棋セット,新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット,木製将棋駒黄楊上彫駒 人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■ 将棋セット 新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット(木製将棋駒黄楊上彫駒) 人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■,将棋セット,新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット,木製将棋駒黄楊上彫駒 人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■ 将棋セット 新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット 木製将棋駒黄楊上彫駒

人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■ 将棋セット 新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット(木製将棋駒黄楊上彫駒)

人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■ 将棋セット 新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット(木製将棋駒黄楊上彫駒)
人気定番の指し味良い黄楊上彫駒との一枚板の見やすい2寸卓上将棋盤セット■ 将棋セット 新かや2寸一枚板卓上将棋盤セット(木製将棋駒黄楊上彫駒)
Hv3nXzcB
32450円-55%-14602円









■将棋盤:卓上将棋盤 新かや2寸一枚板
・将棋盤の材質:
 木製 一枚板造り 新かや材(北米スプルース材)
・将棋盤のサイズ:横幅33cm×奥行36cm 厚み約6cm
■将棋駒:木製将棋駒 黄楊上彫駒
■将棋駒台:卓上将棋盤用駒台 ヒバ2寸

文献ランキング(各10件)

著者
赤堀 侃司
出版者
AI時代の教育学会
雑誌
AI時代の教育論文誌 (ISSN:24364509)
巻号頁・発行日
vol.3, pp.37-42, 2021 (Released:2021-09-10)
参考文献数
17

2019 年に、国語・数学・理科の全国学力学習状況調査(平成 30 年度)の小中学生対象の B 問題から選択して、大学生に回答してもらい、小中学生の全国平均値と比較した。その結果、① 大学生は、小中学生に比べて、文章の構造や文章理解において、優れている。②しかし大学生は、小中学生と比較して、理科や数学の論理的思考力は、国語の読解力に比べて低い、ことが分かった。そこで、2020 年に、埼玉県公立高等学校入学者選抜における令和2年度の国語と社会の問題を、大学生に回答してもらい、高校受験生の平均値と比較した。その結果、③国語の問題では、高校受験生に比べて、大学生が優れた得点を示した。④しかし、社会の問題では、 大学生は、高校受験生に比べて、むしろ低い得点を示した。この結果から、国語に代表される読解力は、能力を維持するか向上していることに対して、数学・理科・社会などの推論や知識の適用に関する能力は、低下している、という知見を得た。これを、これから求められる資質・ 能力の視点から、考察した。
著者
前田 幸男
出版者
日本政治学会
雑誌
年報政治学 (ISSN:05494192)
巻号頁・発行日
vol.64, no.1, pp.1_215-1_235, 2013 (Released:2016-07-01)
参考文献数
44

This paper provides a long overdue update on changes in the ways major news organizations conduct and report on public opinion polls. Scholars argue that cabinet approval ratings are far more politically significant than in the past as a consequence of the electoral and administrative reforms in the 1990s. It is now a widely shared premise that public opinion polling results exercise a large influence on the behavior of public officials and legislators. However, while many pollsters and academics debate the role of public opinion polling in public affairs, very few substantiate their claims with basic facts such as the number of opinion polls conducted by major news agencies and how reporting on polls has changed over time. Compiling data from news stories on polling from Asahi Shimbun and Yomiuri Shimbun, I argue that changes in polling practices and reporting are partly responsible for the increasing influence of public opinion polling on government.
著者
北波 英幸
出版者
日本マス・コミュニケーション学会
雑誌
マス・コミュニケーション研究 (ISSN:13411306)
巻号頁・発行日
vol.99, pp.115-132, 2021-07-31 (Released:2021-09-11)
参考文献数
27

This paper focuses on the transition of name and concept in Japanese Animated films, Senga (“line drawing”). This name was used for about half a century from late Meiji era (around 1910) to the World War II. At first, it was generally a neutral word to express animated films, and it became the genre for enlightenment and diverged with Manga (“cartoons”) to express an entertainment at the later time. But Senga is not memorized widely today. How and when was Senga born, and why did it disappear?Japanese Anime did not develop easily, but get repeatedly into danger of disappearing, because they are suffered from a lack of human and economic resources, in addition, have also been overwhelmed in quality and quantity by Disney and other films from the United States, the producers asked themselves the significance again each time. On the other hand, How the animated films have it been hoped as the media to give the audience what kind of action and effect?Therefore, this paper does not depend only on the content analysis. I examine the national newspaper and refer to a magazine, the book historical materials in the period mentioned the above. There are thought to related at the times when a concept of Senga changes. I argue in three questions, First, “when was Senga born?”, Second, “How has Senga be consumed?”, Third is “how did Senga disappear?”. The transition of the concept of Senga is engraved the aspects of dynamism which represents the changes in consciousness and behavior of the creators, the governments, and the audience of those days.
著者
信田 さよ子
出版者
一般社団法人 日本家政学会
雑誌
日本家政学会誌 (ISSN:09135227)
巻号頁・発行日
vol.48, no.9, pp.823-828, 1997-09-15 (Released:2010-03-09)
参考文献数
5

【1日~3日以内に出荷】 【中古】 現代資本主義ーその理論と現状 / 伊東光晴, 森恒夫 / 日本評論社 [単行本]【宅配便出荷】

kisi-12-0491-0402 堺孝行 ステン カステラナイフ(波刃) 330mm(34002) 【メイチョー】

ドゲンジャーズ 特装版 (特装版/本編228分)[DAXA-5735]【発売日】2021/1/22【Blu-rayDisc】

【商品コード:13037254115】 レーヴ ディー MC-1 スライドラック仕様 YD-2用 RKD-MC1SR

Native Instruments ネイティブインストゥルメンツ / KOMPLETE 13 ULTIMATE

濃い緑 イラン産 14434 デマントイドガーネット 1.10ct 濃いグリーン! イラン産 : 瑞浪鉱物展示館 【送料無料】

PSC7201 7-0860-0301 6-0816-0301 eb-1861700 5-0736-0301 3-1340-0701【バー用品 ソーダサイフォン 販売 通販 業務用】 【まとめ買い10個セット品】NTGソーダカートリッジ (10本入り)【 バー用品 ソーダサイフォン 】 【厨房館】

ガーミン ForeAthlete 745 Black 0100244540 スマートウォッチ ランニングウォッチ GPS 心拍計 Suica対応 腕時計 GARMIN

2020年Winter NAMM Showで発表となった新カラーラインナップ! Duesenberg DTV-NB Starplayer TV (Narvic Blue) 【2020 NEW Color Model】

【ドリマックス】【DREMAX】【野菜スカッター フードカッター 業務用カッター】(11-0228-0301) フードカッター DX-90 マルチミジン (安全装置付)【代引き不可】

塩味ベースのシンプルな味付け、ふっくら柔らかなからあげ 【ふるさと納税】赤鶏「みつせ鶏」から揚げ塩味 4袋(170g / 1袋)【ヨコオフーズ】 [FAE030]

NITEIZE(ナイトアイズ) スティーリー フリーマウントキット 34109.0

【メール便送料無料、通常24時間以内出荷】 【中古】 Claude Barzotti / La Collection 2011 輸入盤 / Barzotti, Claude / Sony Import [CD]【メール便送料無料】【あす楽対応】

幼稚園・保育園・自治体・子供会・スポーツクラブ もちつきイベントに大活躍 !何と言っても、準備の「楽」さが違います! 米 無洗米 5kg 送料無料 もち米 5kg×5個セット 餅米 もち米 無洗米 25kg 無洗米 九州産もち米25kg(5kg×5個セット)25kg 送料無料洗わなくていい無洗米は、無洗米のお店「米穀館」におまかせください!

茶道具 抹茶茶碗乾山 菊壱休窯 窪田常之作 茶道具 抹茶茶碗乾山 菊壱休窯 窪田常之作

パトリツィアペペ Patrizia Pepe {ギフトラッピング} パトリツィアペペ Patrizia Pepe キッズ 子供服 カラー マフラー 大人もOK ホワイト

(アウトレット)ダイニチ工業 石油ファンヒーター FW-5720LS(W) クールホワイト

ヴァリ・ブリュット ガルガネーガ種 100% 【送料無料】 Valli Brut NV 750ml ×12本セット【同梱不可】|業務用 イベント イベント用 パーティー クリスマス 送料無料 スプマンテ スパークリング 数量限定 期間限定 ヴァッリ 100% ガルガネーガ種

長く美しい爪に 【送料無料】 甘皮押し&ツメの汚れ落とし×120個セット (4972525514354)

STELLA_FASTER-3_DS_S119 BK SIL 7.5 25.0 1691620106 2540919 アルパインスターズ

著者
尾身 茂
出版者
日本公衆衛生学会
雑誌
日本公衆衛生雑誌 (ISSN:05461766)
巻号頁・発行日
vol.56, no.7, pp.439-445, 2009 (Released:2014-06-13)
参考文献数
4
被引用文献数
3
著者
植木 岳雪
出版者
千葉科学大学
雑誌
千葉科学大学紀要 = The University bulletin of Chiba Institute of Science (ISSN:18823505)
巻号頁・発行日
no.11, pp.75-82, 2018-02-28

著者が今までに受け取った79通の不採用通知の文面を分析した結果,研究者の不採用通知は平成22~25年の方が平成11~14年よりも「お祈り」または「祈念」と,「ますます」という表現が含まれるものの割合が増加した。研究者の不採用通知は,ビジネス文書のような定型の文面を主とし,より簡素で事務的なものになってきたことがわかった。その要因として,1つの公募に対する応募者数が増えたため,採用側が応募者に不採用通知を送る際の手間を少なくするようになったことが考えられる。
著者
Naoto Sawada Haruhiko Toyohara Takafumi Nakano
出版者
The Japanese Society of Systematic Zoology
雑誌
Species Diversity (ISSN:13421670)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.217-224, 2021-09-10 (Released:2021-09-10)
参考文献数
22

Sodium hypochlorite has been used for cleaning specimens of freshwater and brackish water snails that are covered with deposits. Our experiments using specimens of two freshwater snail species, Semisulcospira niponica (Smith, 1876) and S. reticulata Kajiyama and Habe, 1961, showed that this traditional method could remove thin deposit layers, including algae, but was not useful for obstinate deposits. We found that a new method using ammonium thioglycolate could be applied to remove obstinate iron-rich deposits. Though ammonium thioglycolate treatment caused loss of gloss inside the aperture, this loss could be prevented by plugging a kneaded eraser into an aperture. Moreover, the new method could clean specimens with little damage of the periostracum. So as to remove deposits with the least damage to shells, 3% w/v sodium hypochlorite was useful for deposits including algae, and 20% w/v ammonium thioglycolate was suitable for cleaning specimens with iron-rich deposits. Degeneration of the microstructure of inner whorls can be avoided by plugged shell apertures with a kneaded eraser in both methods. Shell deposits that are composed of both algae and iron should be treated first with 20% w/v ammonium thioglycolate, and then with 3% w/v sodium hypochlorite to remove the deposits. Appropriate cleaning methods enable accurate examination and long-term preservation of shell specimens.
著者
山内 泰樹
出版者
日本眼光学学会
雑誌
視覚の科学 (ISSN:09168273)
巻号頁・発行日
vol.30, no.3, pp.57-64, 2009 (Released:2019-11-08)
参考文献数
13
被引用文献数
1

色覚を司る視覚メカニズムのフロントエンドは異なる感度を有する3種類の錐体である。近年,非侵襲な方法により,これらの錐体の網膜上での存在比率を計測する技術が発達してきた。本稿では,それらの方法のうち,網膜像撮影方法と分光視感効率による推定方法について概説する。前者は,補償光学(adaptive optics)を用いて生体の網膜像を撮影する手法と,錐体の選択的な光反応特性を用いたものであり,後者は網膜電位法(ERG)により分光視感効率を求め,遺伝子解析により求めたL,M錐体のピーク感度を用いてこの分光視感効率を重みづけ,近似することにより推定する方法である。これらの方法により,L/M錐体比は被験者間で大きく異なることが示された。また全く異なる両者の結果が高い相関を有することから,両者とも有効な手法であることを示す。
著者
Mizuki Sasaki Jason Lee Anders Minoru Nakao
出版者
The Japanese Society of Systematic Zoology
雑誌
Species Diversity (ISSN:13421670)
巻号頁・発行日
vol.26, no.2, pp.255-272, 2021-09-10 (Released:2021-09-10)
参考文献数
135

The cestode fauna of murid and cricetid rodents in Hokkaido, the northernmost island of Japan, was evaluated based on our parasite collection and a review of the literature. Adult and larval cestodes collected from Apodemus speciosus (Temminck, 1844), Myodes rufocanus (Sundevall, 1846), and Rattus norvegicus (Berkenhout, 1769) in Hokkaido were identified by both morphological and molecular diagnoses. A total of 10 species from 5 families were confirmed in our collection. Arostrilepis tenuicirrosa Makarikov, Gulyaev, and Kontrimavichus, 2011, Paranoplocephala kalelai (Tenora, Haukisalmi, and Henttonen, 1985), and Taenia crassiceps (Zeder, 1800) were recorded for the first time from Hokkaido. A comprehensive look at both the present and previous studies revealed that the cestode fauna of rodents in Japan consists of at least 30 species from 6 families. Among them, 23 species occur in Hokkaido. The species composition is strongly affected by the nearby Eurasian continent, suggesting parasite migrations with rodent hosts over land bridges between Hokkaido and Sakhalin and between Hokkaido and Honshu, the main island of Japan. A DNA barcoding system using sequences of nuclear 28S rDNA and mitochondrial cox1 allowed us to identify cestodes at species and genus levels, even in different developmental stages. The integration of morphological and molecular diagnoses is essential in cestode taxonomy to establish a common ground for biogeographical studies worldwide. The standardization of DNA barcoding is particularly of critical importance.
著者
清水 一彦
出版者
日本出版学会
雑誌
出版研究 (ISSN:03853659)
巻号頁・発行日
vol.48, pp.1-21, 2017

<p>江戸時代の識字率は学術的には高低が判断出来ないにもかかわらず,ドーアとパッシンの就学率推計値が発表された1960年代後半以降,それまでの低いという認識に代わって「江戸時代の識字率は高かった」という言説が主に一般出版で常識化した.一方,学術出版は一般出版での言説を等閑視することで消極的にではあるが「高い」という言説の常識化に加担した.この言説構成過程の機序を,出版学の立場から社会構成主義の分析ツールを利用し考察した.</p>
著者
杉浦 真治
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
日本生態学会誌 (ISSN:00215007)
巻号頁・発行日
vol.62, no.3, pp.347-359, 2012-11-30 (Released:2017-04-28)
参考文献数
80
被引用文献数
2

一般に、島の面積が広くなればそこに生息する動植物の種数は増加する。このような島の種数-面積関係を生み出すメカニズムに関する研究には、Robert MacArthurとEdward Wilsonによる島嶼生物地理学の理論の提唱以来40年の蓄積がある。彼らの理論は、島だけでなく断片化した森林パッチなどの種数-面積関係にも適用されてきた。また、種数-面積関係はさまざまな視点から拡張されてきた。例えば、島の種数-面積関係に種間相互作用を考慮するという試みがある。種間相互作用は、古くは食物網、最近では動物と植物の相利共生系ネットワークとして注目されている。一般に、種数が増加すると種間の相互作用数も多くなる。このため、種間相互作用数は島面積とともに増加すると予測される。また、種間相互作用ネットワークの構造は構成種数に強く影響されるため、ネットワークの構造は島面積に関連することが予測される。これらの予測は、小笠原諸島における植物とアリとの種間相互作用ネットワークで確かめられた。こうした種間相互作用ネットワークと面積の関係は、島の種数-面積関係と同様に、大陸における植生パッチなどにも適用できる。実際、南米大陸における植物-訪花昆虫のネットワークや植物-潜葉性昆虫-捕食寄生性昆虫の食物網で確認された。さらに、北米大陸における植物-訪花昆虫とのネットワークの解析によって、特定の空間スケールにおいて種間相互作用数やネットワークの構造が森林面積と強く関係することが示唆された。このように、種間相互作用数およびネットワーク構造は、島面積や植生パッチ面積といった生息地の大きさに深く関連している。
著者
張 翔 池松 香 加藤 邦拓 杉浦 裕太
雑誌
エンタテインメントコンピューティングシンポジウム論文集
巻号頁・発行日
vol.2021, pp.58-61, 2021-08-23

スマートフォンをユーザがどのように把持しているのかを測定することで,把持姿勢に合わせた画面表示や操作ボタン位置の自動切り替えが可能となり,ユーザに合わせたインタラクションが可能になる.本研究では,スマートフォンを操作する際に,角膜にスマートフォンの画面の光が反射して写る像を内蔵インカメラで撮影することで把持姿勢を推定する手法を提案する.角膜に反射したスマートフォンの像ではユーザが画面に指を置いている部分が影となって欠けるため,把持姿勢の推定が可能となる.本稿では,提案手法の精度を検証する実験を行った.
著者
藤本 由香里 石田 仁 ウェルカー ジェームズ 長池 一美
出版者
明治大学
雑誌
基盤研究(B)
巻号頁・発行日
2019-04-01

BL文化はいまや世界各国に広がりつつあるが、その受容のあり方は、それぞれの国で現実のLGBTが置かれた状況によって明らかな違いがある。本研究では、各国のBL文化受容の実態を調査するとともに、それぞれの国でのLBGTの現実とフィクションとの距離のあり方を焦点とする。同時に、日本国内でのBL読者と非読者との間のLGBTに対する認識の差異等についての社会調査を実施し、両者の協力の可能性を検討する。
著者
植木 岳雪
出版者
千葉科学大学
雑誌
千葉科学大学紀要 = The University bulletin of Chiba Institute of Science (ISSN:18823505)
巻号頁・発行日
no.11, pp.75-82, 2018-02-28

著者が今までに受け取った79通の不採用通知の文面を分析した結果,研究者の不採用通知は平成22~25年の方が平成11~14年よりも「お祈り」または「祈念」と,「ますます」という表現が含まれるものの割合が増加した。研究者の不採用通知は,ビジネス文書のような定型の文面を主とし,より簡素で事務的なものになってきたことがわかった。その要因として,1つの公募に対する応募者数が増えたため,採用側が応募者に不採用通知を送る際の手間を少なくするようになったことが考えられる。
著者
高田 知紀 梅津 喜美夫 桑子 敏雄
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集F6(安全問題) (ISSN:21856621)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.I_167-I_174, 2012 (Released:2013-01-30)
参考文献数
32
被引用文献数
1 1 5

東日本大震災では,多くの神社が津波被害を免れたことが指摘されている.本研究では,日本の神社に祀られる祭神の多様性は,人びとの関心に応じた差異化の結果であるという仮説から,宮城県沿岸部の神社についてその祭神と空間的配置に着目しながら被害調査を行った.祭神については特に,ヤマタノオロチ退治で知られるスサノオノミコトに着目した.スサノオは無病息災の神として祀られることから,洪水や津波といった自然災害時にも大きな役割を果たすと考えられる.また,地域の治水上の要所に鎮座していることが多い.東北での調査から,スサノオを祀った神社,またスサノオがルーツであると考えられる熊野神社は,そのほとんどが津波被害を免れていることを明らかにした.この結果は,地域の歴史や文化をふまえたリスク・マネジメントのあり方について重要な知見を提供する.
著者
嵩原 広宙 田中 秀樹 岩城 達也
出版者
Japan Society of Kansei Engineering
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18840833)
巻号頁・発行日
pp.TJSKE-D-17-00030, (Released:2018-02-09)
参考文献数
22

Emotional state before sleep affects the subsequent sleep onset. The purpose of this study was to investigate how positive/negative emotion before sleep effected hypnagogic state. The movies eliciting positive or negative emotion were presented before sleep. Hypnagogic imagery was recorded as a probe of emotional experience and EEG microstate analysis was used for finding the emotion related EEG activities. The score of emotion ratings for hypnagogic imagery indicated that positive emotion was reported in not only positive condition but also in negative condition. This implied that hypnagogic state might be accompanied by positive emotion. Comparing the appearance of maps obtained from microstate analysis between conditions, the map of right temporal activity was significantly greater in positive condition while the map of the left frontal activity was greater negative condition. These results suggested that the emotion not just in presleep but also in hypnagogic state was involved in sleep onset process.
著者
武田 宗和 名取 恵子 諸井 隆一 原田 知幸 矢口 有乃 稲垣 伸洋
出版者
日本腹部救急医学会
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.735-739, 2013-05-31 (Released:2013-07-26)
参考文献数
10

要旨:【症例】37歳飲酒歴のない女性。意識障害で発見され救急搬送,既往は躁鬱病と境界型人格障害。来院時ショック状態で下血を認め,緊急下部内視鏡検査で直腸から左側結腸まで全周性・連続性の発赤とびらんを認めた。翌日,薄めたウオッカ約1L(推定アルコール濃度49%)を自ら注腸したことが判明,虚血性腸炎に準じ保存的治療を選択。8病日の内視鏡検査では直腸からS状結腸までは粘膜の修復が認められ保存的治療を継続した。4週間後,下行結腸の高度な腸管狭窄を合併したため,本人との話し合いの結果,横行結腸に人工肛門を造設することとなった。【考察】過去の報告では,アルコール注入による直腸結腸炎は保存的治療で治癒することが多いとされる。本例は高濃度のアルコールが大量に注入され広範囲に腸管が傷害された上にショック状態に陥り,腸管虚血をきたしその治癒過程で腸管狭窄を合併したものと推察された。本例における治療方針に関する問題点をふまえ文献的考察を加え報告する。
著者
近江 龍一 西原 陽子 山西 良典
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.31, 2017

Web上に投稿される情報の中には青少年にとって有害な情報,特に猥褻な意味を持つ言葉は直接記述されず暗喩により表現されることが多い.本研究の目的は暗喩を用いて表現されている有害な文に対してフィルタリングを行うことである.提案手法では有害表現が含まれる文をドメインごとに機械学習し有害表現の分類器を作り,有害表現をフィルタリングする.提案手法の有用性を評価する実験をR-18指定の小説を使い行った.
著者
酒向 貴子 川田 伸一郎 手塚 牧人 上杉 哲郎 明仁
出版者
国立科学博物館
雑誌
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series A Zoology (ISSN:18819052)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.63-75, 2008-06

The distribution of latrines of the raccoon dog, Nyctereutes procyonoides, was examined from July 2006 to December 2007 in the Imperial Palace grounds, Tokyo, Japan. The raccoon dog is accustomed to defecate at fixed locations, forming holding latrines; thus the distribution of latrines is a good indicator of their abundance. The results suggest that the latrines are widely scattered in the study site, but are more dense in the Fukiage area, where an old-growth broad-leaved forest is established. The latrine sites are used more frequently from September to December, as the number of fresh feces increased in the autumnal season. To examine the seasonal food changes of the raccoon dogs, 10 pieces of feces from some latrines were collected every month and analyzed the indigestible contents in the sampled feces. The food items identified consisted of animal, plant and man-made materials, suggesting that the raccoon dogs were highly omnivorous. The animal materials found from the feces included mammals (4% of total feces), birds (37%), reptiles (2%), amphibians (3%), insects (95%), chilopods (56%), isopods (2%) and gastropods (12%). Invertebrates were the most abundand food item throughout the year. Three coleopteran families, the Carabidae, Staphylinidae and Scarabaeidae, accounted for a large proportion of the insects and they showed seasonal fluctuations. These suggest that the raccoon dogs fed on them as major animal food resources in the study site, and perhaps the seasonality is related to the temporal changes of availability of the insects. The majority of plant materials found in the feces was a variety of seeds, suggesting that the raccoon dogs fed on berries and fleshy fruits throughout the year. The occurrence of seeds decreased from March to April, which coincided with a low availability of fruits. The seeds found in feces were categorized into three types : (1) the short-term berry type including Prunus (Cerasus) spp., Moms spp., Rubus hirsutus and Machilus thunbergii, which occurred only a short term after their fruiting periods ; (2) the long-term berry type, including Celtis sinensis, Aphananthe aspera and Swida controversa, which occurred continuously for three or more months after the fruiting periods ; (3) the acorn type, including Castanopsis spp., Quercus spp. and Ginkgo biloba, which occurred in early spring (January to April) when the other fruits are scarce. The seasonal change of the three fruit types implies that the raccoon dogs consume the available fruits in relation to the successive fruiting periods. The proportion of artificial materials found in the feces was considerably lower than in previous studies carried out in the suburbs of Tokyo, suggesting that the raccoon dogs in the study site strongly depend on natural foods. Most of the natural food items were native to Japan since the past Edo period. Thus we conclude that the preservation of biodiversity in the Imperial Palace grounds was essential for the re-colonization by the raccoon dogs of the Tokyo metropolitan area after the 1970s.
著者
松阪 崇久
出版者
日本笑い学会
雑誌
笑い学研究 (ISSN:21894132)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.90-106, 2018 (Released:2018-12-27)

動物ショーやテレビ番組に出演するチンパンジー・パンくんの映像作品を用いて、パンくんの感情表出についての分析を行った。映像作品でのパンくんは、着衣で二足歩行を行うことが多く、自然なチンパンジーの姿とは大きく異なっていた。テレビ番組用の映像と動物ショーの本番の映像では、それ以外の動物園などでの映像と比べて、チンパンジー本来の姿とのズレが大きく、感情表出に関しては、ポジティブな笑顔や笑いの表出よりも、恐怖・不安・不満といったネガティブな表出が多い傾向があった。とくにテレビ番組では、パンくんに試練を課し、不安やストレスを与えるシーンもしばしば見られた。このようなパンくん自身の感情表出以外に、テロップ、ナレーションや、チンパンジーの音声の追加によって、パンくんの感情を演出または改変する場面もあった。以上の結果を元に、ショーやテレビにチンパンジーが出演することの問題点について議論した。また、動物の福祉を考える上で、笑いや遊びに注目する意義について考察した。
著者
板屋 民子 飯島 正雄 斉藤 貢一 正木 宏幸 青木 敦子 斎藤 章暢 安藤 佳代子 徳丸 雅一 坂東 正明
出版者
Japanese Society of Food Microbiology
雑誌
(ISSN:09108637)
巻号頁・発行日
vol.8, no.4, pp.203-212, 1992-03-20 (Released:2010-07-12)
参考文献数
10

A large number of Photobacterium phosphoreum (6-7 log/g) was isolated from “tamagoyaki” (a kind of nigirisushi; Japanese food) that had been lumineferous in the dark. The isolates were smeared on the surfaces of sliced “tamagoyakis”. After the incubation at 10°C for 48 hr or at 25°C for 24 hr, the surfaces became luminous. It was indicated that this abnormality of “tamagoyaki” was caused by contamination with and multiplication by P. phosphoreum.On the surface of “tamagoyaki”, the bacteria in an early growth phase in such a small number as 4 log/g luminesced. Furthermore, the luminescence was observed when pieces of squid, boiled prawn or “yakichikuwa” (a kind of food made of fishes) with the bacteria were incubated, but not observed on pickled Japanese gizzard shad. Nevertheless the the bacteria grew on the surface of tuna, but no luminescence was observed on it.The bacteria produced a small amount of histamine on squid and tuna (less than 250μg/g), and their ability to putrefy food seemed to be low.The opitmum concentration of sodium chloride for growth of the bacteria in a medium was 3%, but they grew in food containing sodium chloride less than 0.5%. When sodium chloride in the medium was replaced by potassium chloride, calcium chloride, magnesium chloride, ammonium chloride or sodium phosphate, the bacteria were still able to grow but unable to grow when replaced by potassium phosphate or sucrose. The bacteria metabolized arginine by arginine decarboxylase but not by arginine dehydrolase.
著者
多和田 友美 伊香賀 俊治 村上 周三 内田 匠子 上田 悠
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.75, no.648, pp.213-219, 2010-02-28 (Released:2010-06-07)
参考文献数
18
被引用文献数
6 5

Various researches highlight that indoor air quality affects performance of workers in offices. Although good indoor air quality improves work performance, it also increases energy consumption. In this study, we achieved a field survey in a real office in order to investigate the relationship between thermal environment, productivity, and energy consumption. In addition to the monitoring of indoor environmental quality and energy consumption, subjective experiments were conducted. In order to evaluate subjective performance, workers and students responded to questionnaires, and to evaluate objective performance, students simulated three types of office works. By calculating room temperature and worker's subjective performance, we demonstrate the correlation between room temperature and worker's performance (R2=0.22, p

投稿収集状況(14日間)

ソーシャルメディアの情報をもとに、学術文献のインパクトを測定するサイトです。581,563件の学術文献の詳細情報を収集済みです。