1. pinterest
  2. twitter
  3. linkedin
  4. facebook

高級,和食器,作家物,日本製,伝統工芸品,京焼,清水焼,鎌田幸二,耀変天目盃 鎌田幸二 耀変天目盃 高級 作家物 和食器 清水焼 日本製 京焼 伝統工芸品 鎌田幸二 耀変天目盃 高級 作家物 和食器 清水焼 日本製 京焼 伝統工芸品 高級 和食器 作家物 日本製 伝統工芸品 京焼・清水焼 鎌田幸二 耀変天目盃 高級 和食器 作家物 日本製 伝統工芸品 京焼・清水焼 鎌田幸二 耀変天目盃 高級,和食器,作家物,日本製,伝統工芸品,京焼,清水焼,鎌田幸二,耀変天目盃

高級 和食器 作家物 日本製 伝統工芸品 京焼・清水焼 鎌田幸二 耀変天目盃

高級 和食器 作家物 日本製 伝統工芸品 京焼・清水焼 鎌田幸二 耀変天目盃
高級 和食器 作家物 日本製 伝統工芸品 京焼・清水焼 鎌田幸二 耀変天目盃
26rBMKxu
60500円-55%-27225円







作品詳細説明

京焼・清水焼の作家、鎌田幸二の盃です。鎌田幸二は人間国宝・清水卯一の薫陶を受けたことで有名な、天目釉の盃の作陶で非常に高名な作家です。天目油滴を用いた作品群は海外でも高い評価を得て、近年では中国で人気が高まっており、入手困難となっています。その鎌田天目の代表的な作品がこちらです。一般的な油滴天目と比べて、油滴の細かさと光沢が素晴らしい逸品です。銀色の斑点が宇宙の星々を思わせる模様が、注いだ日本酒やお茶を煌めかせます。その知名度からご自分用としてはもちろん、海外の方へのお土産としても最適でしょう。世界で人気の高まる天目釉の酒器で、くつろぎのひと時を楽しんでみませんか。
商品名 鎌田幸二 耀変天目盃
寸法 直径9cm 高さ4cm
作家 鎌田幸二
陶歴

1948年 京都に生まれる
1966年 京都府立桃山高等学校卒業
1967年 作陶を志し、清水正氏の指導を受ける
1971年 京都府立陶工訓練校専攻科終了
同校指導員(京都府技師)となる
五条坂共同登窯「鐘鋳窯」にて天目の研究を始める
1972年 第二回日本工芸会近畿支部展初入選
第二十回日本伝統工芸展初入選
1976年 日本工芸会正会員に推薦される
1977年 京都府立陶工訓練校指導員を辞し作陶に専念
1978年 セントラル・ギャラリー(大阪)にて初個展
1979年 五条坂共同登窯休止の為、自宅にガス窯を築窯
1987年 第十六回日本工芸会近畿支部展にて京都府教育委員会委員長賞受賞
1988年 重要無形文化財「鉄釉陶器」伝承者養成研修会にて清水卯一氏の薫陶を受ける
1994年 高島屋(京都店)にて「作陶二十五年記念展」
1997年 ニューヨークにて「天目・青磁二人展」
以降国内外で数々の個展を開催する。
電子レンジ 不可
食洗器 不可

私たちの研究の目標は、さまざまな細胞機能を制御するシグナル伝達ネットワーク・代謝制御ネットワークのメカニズムを「システム」として理解することです。私たちは実験的方法とコンピュータ・シミュレーションの両方を用いてシステム生物学という観点から細胞の機能を理解しようとしています。

インスリン作用のトランスオミクスネットワーク

現在私たちは、次の3つの研究プロジェクトを重点的に実施しています。

1. インスリンシグナル伝達のトランスオミクス解析
2. インスリン作用の時間情報コーディング
3. 多細胞組織の情報伝達
4. 経口糖摂取に応答するヒト血中分子の時間パターン

詳細は

またはラボ紹介動画をご覧ください。

大学院は生物科学専攻および新領域・メディカル情報生命専攻(兼担)です。学部教育としては生物情報科学科を担当しています。また、2020年度から大学院医学系研究科(医学博士課程)を兼担することになりました。医学部・歯学部卒業(見込)で黒田ラボへの進学を考えている方は、是非こちらをご検討ください(募集要項添付資料)。

「人材の多様性」が私たちの研究室の揺らぐことのない基本理念です。他学部、他大学の異なったバックグラウンドを持つ学生さんやポスドクなど大歓迎です。特に、糖代謝や2型糖尿病などに関連するトランスオミクスをマウス、ヒトを対象に解析を開始しています。医師でシステム生物学やトランスオミクスに興味のある方の参加も歓迎します。

黒田研では特任研究員を随時募集しております。いつでも雇えます。興味のある方はこちら

私たちの研究は新学術領域研究(研究領域提案型)「代謝アダプテーションのトランスオミクス解析領域」に採択されています。

お知らせ

[特任研究員募集]
黒田研では特任研究員を現在募集しております。興味のある方はこちら

詳しくはこちら

[セミナー情報]

[その他]
黒田研に興味のある方のラボ訪問を歓迎いたします。 ラボ訪問を希望する方は、事前にメール等でお気軽にご相談ください。詳しくはこちら

更新履歴